banner

市販のハイドロキノン化粧品の安全性は

ハイドロキノンは、医療現場で使用されていることからも分かる通り、効果は確実にありますが、副作用が伴うため今までは化粧品としてはハイドロキノンは利用できないことになっていました。化粧品に配合するにあたって、医師が使用する場合のハイドロキノンの濃度よりも薄くすることで、ハイドロキノンを塗った箇所が赤くなったり、痛みを生じたり白斑、タダレが生じたりするなどの副作用を小さくすることで安全性を高めるようになっています。

では、無条件に市販されているハイドロキノン化粧品は副作用を心配しなくても良いのでしょうか。多くの人にとっては、安心して使用できるレベルに抑えられていますが、人によっては過敏な肌の場合や、短期間の使用では問題がなくても、長期間使用しているとやはり人によっては、似たような副作用の症状が出る場合があります。

どんな人にも全く無条件で副作用の無い美容成分がないのと同じようにハイドロキノン化粧品にも副作用が出ることがあります。副作用が出た場合は、直ちに使用をやめることが大切です。

シミの解消はハイドロキノン化粧品と言えども、短期間には消えないので、無理をして使い続けようとする人もいるかもしれません。しかし、使い続けて効果を出したい場合で、副作用が心配な時は、皮膚科を訪ねて医師の指導の下に使用することが必要です。そうすることで、期待通りの効果を得ることが出来るようになります。

注目記事

banner
市販のハイドロキノン化粧品の安全性は

記事を見る

banner
ハイドロキノン化粧品はトレチノインとの併用で効果倍増

記事を見る

banner
ハイドロキノン化粧品の選び方の基本

記事を見る

Copyright(c) 話題の強力な美白成分の配合されたハイドロキノン化粧品の紹介. All Rights Reserved.